有機農業・有機農産物とは

有機JASについて

日本では、平成18年度に策定された「有機農業推進法※」において、有機農業を「化学的に合成された肥料及び農薬を使用しないこと並びに遺伝子組換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した農業生産の方法を用いて行われる農業をいう。」と定義されています。
※有機農業の推進に関する法律(平成18年法律第112号)

「有機農業の推進に関する法律」による有機農業の定義は以下の農業生産の方法を用いて行われる農業です。

  1. 1.化学的に合成された肥料及び農薬を使用しない
  2. 2.遺伝子組換え技術を利用しない
  3. 3.農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減する

有機農産物とは

  1. 1.周辺から使用禁止資材が飛来し又は流入しないように必要な措置を講じている
  2. 2.「種まき」または「植付け」前2年以上化学肥料や化学合成農薬を使用しない
  3. 3.組換えDNA技術の利用や放射線照射を行わない

など、「有機農産物の日本農林規格」の基準に従って生産された農産物のことです。

有機野菜の定義

「有機野菜」「有機農産物」「オーガニック」等と表示するためには、下記などの条件を満たすよう、JAS法で厳密に定義されています。

  • ・種まき又は植え付けする2年以上前からほ場(畑)の土に禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • ・栽培中も禁止された農薬や化学肥料を使用していないこと
  • ・使用する肥料や農薬は天然物質又は化学的処理を行っていない天然物質に由来するもののみ
  • ・ほ場や施設、用具などに農薬や化学肥料の飛散・混入がないこと
  • ・遺伝子組換えの種を使わないこと
  • ・病害虫を防除するのに農薬に頼らないこと

また、農林水産大臣に登録された登録認定機関により書類審査と実地検査の両方を実施し、前述の条件を満たしていること、生産管理や生産管理記録の作成が適切に行うことができることを確認することにより行われます。
認定後も有機JAS規格に基づいた生産を行っていることを確認するため、最低1年に1回、認定農家等の調査を行うこととなっています。

有機JASについて

生物や自然環境にできるだけ負荷を与えない食べ物、具体的には化学合成された農薬や肥料、組み換え遺伝子に由来する農業資材などを使わずに作られた農産物や、それらを原材料として作られた加工食品について、その作りかたや小分け・輸入のシステムが確かなものであることを法律に基づいて証明するのが有機JAS制度です。

この制度がスタートしたのは2001年。
それ以前は、有機表示を法律で規制しておらず、農産物や加工食品への有機に関する表示方法は1992年に制定された農林水産省のガイドラインが指針として示されているにすぎませんでした。ガイドラインはあくまでも指針であるため、実際には化学合成された資材が使われていたものがないとはいえない状況もありましたし、有機加工食品については社会的に共通の定義自体がなかったため、「有機」や「オーガニック」という表示がついていても、その中身は様々なものが出回っていました。

欧米をはじめとする諸外国では、日本より一足早く有機食品の認証制度が実施されており、貿易上の観点からもそういった諸外国の制度と足並みをあわせる必要もあり、従来から運用されていた日本農林規格 Japanese Agricultural Standard の新たな分類として制度化されたのが有機JAS制度です。


有機JASマーク

有機JASマーク

有機JASマークは、太陽と雲と植物をイメージしたマークです。

農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないことを基本として自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

禁止農薬や化学肥料、遺伝子組換え技術などを使用せず、種まきまたは植え付け前の2年(多年草は3年)以上、有機的管理を行った水田や畑で生産されたものが「有機農産物」です。また、その有機農産物を95%以上使用して、薬剤や有機ではない原材料や製品などが混ざらないように製造したものが「有機加工食品」です。

※有機JASマークが貼付されていない農産物や加工食品の名称に「有機」や「オーガニック」といった言葉を使用することは禁止されています。

有機農業は、安心安全な食べ物を供給するだけではなく、自然循環機能の維持増進を図り、健康で肥沃な土壌を作り、環境問題へ配慮するなど、人にも地球にも優しい農業です。

scroll to top